No.10 琴葉の恋

 

🎶 ソメイヨシノ

琴葉はどうにもならないほど、
黒服の貴島に惚れていた。
だが貴島は同僚や
先輩ホステスからも憧れられ、

美人ではない
滋味な琴葉の出番はなさそうだ。

それに、黒服とホステスとの交際は
禁じられていた。

お店を代わるしかないかな‥と
思い悩んだ末、

琴葉は尊敬する紀佳ママに
心のうちを打ち明けた。

紀佳ママ:まぁ、そういうこと‥。
何か元気がないと
心配していたのだけど‥。

よりによって、
貴島君に惚れちゃったとはまずいわねぇ。

彼は銀座でも、
屈指の黒服でしょ。

もてるわよ〜、彼。
まず恋人がいると
思ったほうがいいと思うけれど ─。

琴葉:あれだけ素敵な方ですから、
そうでしょうね‥。

〔突然、泣き始めてる琴葉に、
紀佳ママもびっくり!〕

二週間ほどが経ち、
クラブ「紀佳」の謝恩パーティーのために、
買い出し担当が決まった。

ホステスの琴葉、寧々と、
黒服の貴島、瀬木の四人の名前が告げられ、
琴葉はドキッとしてしまい、
動揺を隠すのが精一杯だった。

スーパーで二人ペアになったとき、
琴葉は心臓がもう爆発しそうで、
足元がふらついていた
その時、貴島がさりげなく
腕をつかんでくれて、

「琴葉ちゃん、大丈夫?」と。

〔琴葉は貴島に腰を触れられ、
茫然としていた〕

貴島:ぼくのこと、苦手?
いつも避けているようですけれど。

琴葉:‥そんなことはないです。
凄く緊張しちゃうんですぅ‥。

貴島:よかった。嫌われていないんだぁ(笑)。

琴葉:貴島さんって、モテるでしょ?
彼女さんは何人もいる、って聞いていますよ‥。

貴島:デマですよ! いないです。
日テレの水卜さんみたいなタイプは
銀座にはいないじゃない?(笑)

あれ、よく見ると、
水卜さんに似ていない?

琴葉:私、あんなに可愛くないですもの。
からかわないでくださいよ!

貴島:そうかなぁ。
いや、可愛いと思うけれど…。

琴葉:〔思い切ってひとこと…〕
じゃ、私、妹分ならなれますかね?

貴島:もちろん!嬉しいなぁ!
彼女じゃだめなの?

琴葉:またからかうんですか?
本当に怒りますよ!

貴島:ぼくはシャイだから、
自分から告白できなかった‥っていうか、
…、いやその、
「琴葉さん、ぼくとお付き合いしてください!」

琴葉:えっ…、本心‥、なんですね。

貴島:〔立ち止まって、
琴葉を見つめ、首を立てに振った〕

こんなお喋りをしながら、
スーパーで買い物を
して以降、
貴島は厳しい女の職場で
必死で頑張る琴葉の姿に

さらに惹かれていく自分を
感じていた。

お店で琴葉と目があうたびに、
この幸せな気持ちはなんだろう‥?
と、思いが強くなっていた。

貴島は早くに両親を亡くし、
家庭の温もりを
求めていた。
だが、銀座には
きらびやかな女性はたくさんいるが、

琴葉のように家庭向きな女性は
なかなか見当たらない。

この世界に入って12年、
仕事一筋に生きてきたので、

黒服としての信用は高かった。

薔薇やカサブランカほど
ゴージャスではないけれど、
スイートピーやカトレアも
悪くないということだろうか ─。

…………………………………

ミス麗子の番組内に、
電話お悩み相談のコーナーがあった。

琴葉は匿名の樹里と名のり、
少し声色をつかって、

電話をかけた。
先のようなエピソードを伝え、
意中の人が本当に自分を好きかどうかの
確かめ方について相談したのである。

樹里:もしKさんが
本当に私を好きになってくれるとしても、

絶対に浮気するし、
女の人をつくると思うんです。

ミス麗子:樹里さん、
Kさんに貴女への愛を保証してもらえばいいわ。

樹里:意味が…?

ミス麗子:公証人って、知っている?
お相手から、
「浮気はしない、貴女だけ愛していきます」
と断言した文を、

公文書として認めさせちゃうわけ。
いはば、〈その愛を国が認めた〉
ということになれば、

貴女は安心でしょ?

樹里:初耳です、公証人ですか。
彼に話してみます!(笑)

ミス麗子:銀座4丁目の清水ビルに
公証役場がありますから、

行ってごらんなさい。

……………………………

数日が経ったある日、
琴葉はミス麗子とすれ違った。

向こうは確か
自分の顔を知らなかったはずなので、

軽く会釈して、通りすぎようとした。
と、その時だった。

ミス麗子:あれ、
「紀佳」の琴葉さんでしたわね?

樹里さんによろしくねぇ(笑)。

〔ミス麗子は茶目っ気
たっぷりにウィンクし、微笑んだ〕

さすがクレオパトラである。
樹里、いや琴葉は呆気にとられて、
ミス麗子の後ろ姿を眺めていた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です