No.7   4つの瞳

🎶赤い風船とメリーゴーランド

今夜の自由の女神は満月に照らされ、
さぞ美しいのではないだろうか─。

真尋はちょっと緊張気味に
秋晴れの朝を迎えた。

今夜は、ミスグリーンの
アシスタントの方が不在のため、
真尋は夕食からご一緒できることになった。

それもあり、朝から気持ちが高揚気味だ。

それにしても、
ミスグリーンは何て素晴らしい
レディーなんだろう。

彼女の美しさは、
どんな人も一瞬にして
魅了しまう瞳にあると思った。

〔食事後ワインバーで〕

━━(ミスグリーン)真尋さん、
このマンハッタンブルーはおすすめよ。
私はルビー色に
アロマを漂わせた赤ワインをいただくわ。

━━(真尋)オーマイガッド!
舌が融けてしまいそうです。

━━(ミスグリーン)
まぁ、お口にあって…嬉しいわ(笑)。

━━(真尋)
からかわないでくださ~い。

私はミスグリーンのような、
審美的な美しい目になりたいです。

──(ミスグリーン)
真尋さん、貴女の目も綺麗ですよ。
あとは、慈しみの瞳をお育てなさい。

━━(真尋)慈しみの瞳、…ですか?

━━(ミスグリーン)ええ。
自分が可愛くて仕方がない
ナルシシストさんは無理だけど。

出会った方々が
幸せになるために尽くそうとする女性は、
神様が祝福してくださるわね。

人はすべてが目や瞳に現れるのよ。

思いやり、優しさ、醜さ、愚かさ、
嫉妬、苛立ち、怒り、すべて隠せないの。

━━(真尋)私がクールなのも、
目に出ていますの?

━━(ミスグリーン)いいえ。
貴女は分け隔てなく人を包める方だわ。
ですから貴女のこと、好きよ。

ミスグリーンによると、
女性の美しさは
4つの瞳に凝縮されているという。

見た目美しい瞳
純粋に美しい魂の瞳
温もり溢れた美しい心の瞳
誠実さと責任をもった美しい社会の瞳

ミスグリーンは、
この4つの育て方次第で、
女性の価値は決まっていくと断言していた。

(ミスグリーン)~なんて、
分かったようなことを言っていますけど、
私も、まだまだなのよ(笑)。
尊敬する日本のある先生からの受け売りの段階で。
真尋さん、ご一緒に4つの瞳を
磨いていきましょうよ。
どうかしら、美意識セレブ倶楽部の
東京支部をやってみません?

(真尋)ええっ、この私が…ですか?

(ミスグリーン)大丈夫。貴女ならやれるわ。
ゼロの王子の心を救ったのは慈しみの瞳ですから━。

<礼子さんや優佳さんにも
お手伝いしてもらえばいいかしら…>

真尋は、人を巻き込んでいく才能に長けていた。
話しこんでいる内に、夜10時を過ぎていた。
お色直しから戻ってきたミスグリーンに感動!

礼子さんがほしいと言っていた
"マディソンブルー" の
ムートンロングケープを着ていた。

ベージュとブルーが一つになった
優れものだった。

〔今夜はグリーンはお休みかしら?〕

先ほどのリラックスした顔と異なり、
ミスグリーンのオーラが
ほとばしり出た美しい瞳だった。

━━(ミスグリーン)
真尋さん、お迎えがきましたよ。

私のボーイフレンド、
〈アストンマーティン・グリーン〉を
紹介するわ。

ご存知でしょ?007で有名だから。

車のそばに素敵な紳士が立っていた。

真尋はマンハッタンセレブの世界に
圧倒されていた。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です